CONTACT

NEWS・BLOGお知らせ・ブログ

第2回グラバイスクール(まちづくりサイクリングガイド養成講習会)開催!

BLOGNEWSSCHOOL

◎スクールに参加する価値とは?

「まち全体が講習会場!これこそまちづくりサイクリングガイドだからこそ、できること!!!」

〜たとえ観光地ではなくとも、生活地を観光商品に変えることが自転車にはできます〜

「サイクリングガイドを始めたいが、何から始めて良いのかわからない。」「活動をし始めたが、中々成果がでない。」「まちづくりの一環としてサイクリング事業を担当しているが、知識もスキルもない。」
そういった相談を多くの方から受けるようになったために、本スクールを開講することにしました。

「インターネット情報を話すことがガイドの仕事ではありません」 

主催者代表(小口良平)は、サイクリングガイドを始めて1年した時点で、「コンテンツ力」「告知集客」「事故対応」「環境整備(施設設備、保険)」「交通法規や集団走行スキル」に不安を感じるようになりました。養成講習等を探しましたが、一度に解決できるようなスクールはなく、結果的に6年をかけて10を越える資格試験やセミナー、講習を受けました。
グラバイスクールは、それらの凝縮した見地をつかい、

「1年かけて習得することを《実地講習3日間+オンライン座学3日間+事前学習3時間)》で体系的に学ぶ」
ことを目指しています。


「スクールの良さは、知識やスキルだけを得られるのではなく、仲間を得られること」

こんな方にオススメです

①地域愛のある方   ・・・地元の魅力を発信したい(人、自然、文化歴史、産業等)
②自転車愛のある方  ・・・自転車の魅力を知っている人、自転車での走景を誰かと一緒に感じたい人
③ビジネス愛のある方 ・・・自転車での観光、健康、環境、教育等のビジネスをしたい人


アドベンチャーツーリズムのサイクリング編をガイドする方にも最適なカリキュラムになっています。
参加者には、地方自治体、観光協会、地域おこし協力隊、サイクリングガイド事業者、ホビーサイクリスト、まちづくり活動者、ボランティアリーダー等、幅広い方にご興味を持って頂いています。

主な講習内容

①ルート・コンテンツ作成・・・魅力的なコンテンツを組み合わせ、安全安心なターゲットに合わせたルート
②リスクマネジメント  ・・・セーフティートーク、コニュニケーションスキル
③ガイディング実践   ・・・ストーリーテリング、インタープリテーション観点、LNT観点

④ライディング基礎   ・・・集団走行、交通法規、ハンドサイン、ブリーフィング方法、ガイド必携道具知識
⑤メカニカルスキル基礎 ・・・メンテナンス方法、日常・ツアー前点検、パンク修理
⑥ファーストエイド基礎 ・・・緊急時の行動対応知識・参加者の体調管理・エイド道具知識
⑦施設管理       ・・・ツアー商品販売知識、保険知識、旅行業の知識、HP&SNS有効発信の方法

参加後に取得できる能力

①サイクリングMAP作成ができる。
②自分のオリジナルルートを作成、さらにストーリーテリングしながらガイディングできる。
③施設管理ができる(サイクルステーションの運営、自転車のメンテナンス&貸出)。
④商業サイクリングガイドになれる。
⑤まちづくりサイクリングガイドとして、行政委託の仕事ができる。

参加後のバックアップ、フォロー体制

・ツアー構成・募集要項・運行規定・保険知識・自転車設備
・ガイディング指導・インストラクター講習
・行政委託相談・企画書作成

「プロとして信頼してもらい仕事ができる喜びが、ガイドとしての早熟な成長に繋がる」

まちの自然・歴史・暮らしをつなぎ合わせてコンテンツ化することのできる「自転車まちづくりガイド」を養成する実践型スクール「grav bicycle school(グラバイスクール)」を開講します。まちに根差したサイクルツーリズムを行いたい、自転車ガイドの収益化を図りたいといった人を対象に、サイクルツーリズムの拠点整備のパイオニアや、アクティビティマーケターなどを講師に迎え、自転車まちづくりガイドの育成を目指します。オンライン講義とリアル講習を組み合わせたハイブリット形態で行います。

◎自転車と生きていく、を当たり前にする「グラバイスクール」とは?

 grav bicycle schoolは、自転車まちづくりのコアになるサイクリングガイドを養成するスクールです。自転車まちづくりとは、自転車をツールとして活用することで、まちの自然・歴史・産業をつなぎ合わせて、その地域の観光や暮らしに還元していくようなまちづくりのこと。そのようなまちづくりのコアになるガイドは、自転車の知識・経験はもちろんの事、まちの特性を多面的に把握すること、アクティビティマーケティングの知見、他の産業と自転車とのシナジーのアイディアなど、総合的なスキルが求められます。
グラバイスクールでは、レクチャーとトークセッションを組み合わせてまちづくりに必要な視点を学び、一連の講座の最後には、長野県辰野町で、学んだことを活かして実際にコースづくりを行います。

◎自転車まちづくりが、地域社会と自然環境を変える

現在、日本の地方地域社会は、人口減少に伴う産業の衰退、そしてそれによりさらに人口減少が加速するという悪循環の中にいます。また、世界に目を向けると、二酸化炭素の排出による地球温暖化の拡大という、非常に困難な課題を抱えています。自転車社会の構築は、それら喫緊の課題に対する解決策です。自転車まちづくりは、新たな観光アクティビティとして、地域に人の流れと経済的循環をもたらします。それにより、地域の産業も活性化することになり、経済と人口の両面から地域社会を再編集します。また、地域に暮らす人々にEバイクなどの新しい自転車が浸透すれば、地域ネットワークの面的拡大により、暮らしの豊かさを確保しながら人口減少に対応していくことができるでしょう。
 そして、人々の移動における比重が自動車から自転車へと移り変わることにより、環境負荷は大きく改善します。自転車まちづくりは、社会と環境の両面でサステイナブルな社会を構築します。

◎自転車まちづくり先進地域 — 長野県辰野町

■ 地域コア人材・自転車冒険家 小口良平と自転車資源の開発・発信

 辰野町では、サイクルルートの開発、サイクルステーションの運営、アクティビティの企画などを行ってきました。それらの事業は、自転車冒険家の小口良平を中心にして、辰野町で活動するデザイナー、建築士、コミュニティプランナーらの仕事を有機的に結びつけることによって生まれたものです。その結びつきが、自転車まちづくりを成り立たせるためのソフト的環境として機能しているまちが、今の辰野町です。

■ 地域共有設備としてのレンタサイクルとサイクルステーション

 魅力あるガイドサイクリングを快適に・安全に実施するには、実は多くの設備が必要とされます。例えば、何台ものレンタサイクルや、整備用具や更衣室を備えたサイクルステーション。まちでサイクルツアーを行うために、一人のガイドがこれらをすべてそろえることは現実的ではありません。
辰野町には、レンタサイクルを備えたサイクルステーション、grav bicycle station(グラバイステーション)があり、スキルを備えた人がいつでもガイドサイクリングを行うことができるハード的環境が整備されています。また、周辺の地域とも連携を深めており、この環境整備の動きは長野県内で面的に拡大していくと考えられます。

◎講習スケジュール

地域におけるサイクリング事業の事例、兼業サイクリングガイドとしての手法、ガイドサイクリング事業のインターネット露出方法などについての講座をオンラインで、地域の資源を生かしたサイクリングツアーの作成について現地研修にて学んでいきます。

事前オンライン学習・eラーニング

配信期間:5/25~6/27

①サイクルツーリズム概要
②リスクマネジメント
③ブリーフィング方法・ガイド装備品紹介
④交通法規
⑤ルートづくり


■講師オンライン講義

☆6/1(水)20:00-21:30
「サイクルツーリズムの新次元~ロコサイクリストとともに自転車で旅する価値普及」

講師:佐藤雄一さん

(静岡県サイクルツーリズム協議会事務局長)

ローカルツーリズムの研究と普及活動の実践、地域資源の活用と自然回帰型ライフスタイルを提案する商品・サービス開発に携る。サイクルツーリズムが提供できる要素を「面白いみち」「美しい風景」「美味しい食」とし、地域のサイクリストの社会参画による地域資源の磨き上げと開拓を、ローカルツーリズムに最大限生かそうとしている。


☆6/8(水)20:00-21:30
「サイクリングガイドとして地域への入り方、付き合い方、考え方」

講師:田中将人さん

(びわ湖のカナタ 代表)

ガイドネットワーク、自転車店ネットワークを形成し、大規模ツアー・イベントに対応しつつ、地域資源を活用したイベントを地域で活動している各分野の人たちと作り上げ開催する。2020年秋に個人事業「びわ湖のカナタ」を開業し、滋賀県近隣を対象エリアとしたサイクリングガイド事業を実施する。


☆6/15(水)20:00-21:30
「国内外におけるアクティビティの販売手法」 

講師:木村雄志さん

(アクティビティ事業者アドバイザー)

日本で最も多く商業アウトドアツアーに参加した人間のひとりで、北海道〜沖縄まで36都道府県、43種類のアクティビティに延べ500回以上参加してきた。おびただしい数の事業者とそのツアーを記事にまとめ続けてきたことにより、ツアーの魅力や安全性はもとより、関連するそれぞれの団体に
詳しい。


※当日、ご都合が合わずに受けられない方は、後日、配信動画URLを送ります。


■現地講習(実技セッション)

6月24日(金)〜26日(日)9:00~18:00(終日)※チームによっては課題を時間外で行うこともあります。
場所:長野県上伊那郡辰野町(集合場所:グラバイステーション https://goo.gl/maps/sqa5TVjbHAjHkyVE7
※3日間参加できない方でも、次回開催への振り返りの権利が残ります。


◎参加方法

■参加費 69,500円

  •  含まれているもの:テキスト代、ランチ代
  •  含まれていないもの:宿泊費(宿泊施設の紹介できます)、レンタルバイク代、修了証カード代(2,500円)
     ※レンタルバイクをご希望の方は、5,000円/3日間で利用できます(eバイク、MTB等)。

■申込方法

 Googleフォームでお申し込みください。
 後日メールにて講座の詳細と講座費の振込先をお伝えします。
 URLはこちら→ https://forms.gle/8bYU7bDtkCKRMp3v5

■キャンセルポリシー

【参加者様のご都合でキャンセルする場合】
①2022/4/6(水)〜5/5(祝木)・・・ キャンセル料20%
②2022/5/6(祝木)〜5/25(水)・・・ キャンセル料30%
③2022/5/26(木)〜5/31(火)・・・ キャンセル料50%
④2022/6/1(水)〜・・・ キャンセル料100%

【不可抗力で中止となる場合(※天災、天候、新型コロナウィルス感染状況、等)】
①講座が始まる前・・・振込手数料をのぞいた金額を返金。
②講習が始まっている場合・・・オンライン開始時(15,000円+振り込み手数料をのぞいた金額を返金)
            ・・・実技セッション開始時(返金額はなしとさせて頂きます。)
※中止の状況が分かり次第、早急に連絡を致します。


■募集定員 16名(定員に達し次第、締め切ります)

■募集期間 2022/4/6(水)~5/25(水)18:00

◎オンライン説明会 2022/4/27 (水)20:00~21:00
             5/7 (土)20:00~21:00
             5/22 (日)20:00~21:00

Googleフォームでお申し込みください。
 後日メールにてZOOMのURLを送ります。
 URLはこちら→https://forms.gle/ATuo25GkGBUYkTQg6

◎問い合わせ

事務局:grav bicycle
メール:info@gravbicycle.com
電話 :090-7732-1198(担当者:小口良平)